敏感肌の方必見!肌をいたわるクレンジングの仕方

多くの女性は、仕事にプライベートにとほぼ毎日のようにメイクをします。そうなると、クレンジングも同じように毎日することになります。

ですが敏感肌の方は特に、やり方によってはクレンジングで肌荒れをしてしまうこともあります。今回はそんな敏感肌の方におすすめの、正しいクレンジングの仕方をご紹介していきます。

敏感肌には刺激の強い、避けるべきクレンジング

クレンジングに含まれる、「界面活性剤」という成分を聞いたことのある方は多いかと思います。何となく肌に悪いイメージですが、実はメイクと水分を馴染ませるためにどうしても必要な成分です。

メイクは油性のものがほとんどのため、界面活性剤が無ければ綺麗に落ちてくれません。ですが界面活性剤が多く入ったクレンジングを使うと、それはそれで肌の負担になってしまいます。

肌を守るための皮脂まで落としてしまうからです。なので界面活性剤が多く使われたクレンジングは、特に敏感肌の方は避けたほうが良いと言えます。

また、手軽さや持ち歩きに便利なことから人気のある「シートタイプのクレンジング」も敏感肌にはおすすめできません。拭き取る行為がそもそも肌への負担になりますし、拭き残しがあれば肌荒れの原因にもなります。

さらに洗い流すクレンジングよりもシートタイプは界面活性剤が多めに使われています。そういった意味でもできるだけ使用は避けたいです。使用する場合はなるべく擦らず、濃いアイメイクだけなどの部分使いなどにしましょう。

クレンジングは肌質やメイクの濃さで選ぶ

一言で敏感肌と言っても、その程度は人それぞれです。そのためこれを使えば問題ないと言い切れる商品はありません。自分自身の肌質や、普段のメイクの濃さで選ぶようにすることが大切です。

肌への負担が心配で洗浄力の低いクレンジングを使っていては綺麗にメイクが落ちず、薄めのメイクで洗浄力の高いものを使えば必要な皮脂まで失います。

肌への刺激の強さで見ると「拭き取りタイプ・オイル・リキッドタイプ」が強めで「ミルクタイプ・クリームタイプ」は比較的弱めです。

最近よく見かける「ジェルタイプ」は水性のものだとかなり刺激は弱いのですが、ほとんどのものが油性です。油性のジェルはオイルなどより刺激が弱く、ミルクなどよりは強いという中間あたりの位置に入ります。

普段のメイクが濃いしっかりめの方には「オイル・リキッドタイプ」がおすすめです。敏感肌だと躊躇しがちな種類ですが、メイクをきちんと洗い落とすことが何よりも大切です。

薄めのメイクをする方には「ミルク・クリームタイプ」が合っています。オイルなどに比べ摩擦も抑えられますから、負担は少なめです。そこまでバッチリメイクではないけど薄めでもない、という方は「ジェルタイプ」がおすすめです。

一番良いのは、肌の調子やその日のメイクに合わせて使い分けることです。目元や口元だけオイルでしっかり落として、基本はクリームで落とすという方法もありますから自分に合うクレンジングを考えてみてください。

敏感肌向け、正しいクレンジングの仕方

敏感肌にとって、クレンジングの種類と同じくらい大切なのがクレンジングの仕方です。せっかく肌に合った物を買っても正しく使わなければ意味がありません。正しいクレンジングの仕方を知って、肌をいたわりましょう。

まずはクレンジングの前に手を洗ってください。これは不要な菌を肌に付けないためです。クレンジングに限らず普段のスキンケア前には必ず手を洗うようにしましょう。

次にリムーバーを手に取って、両手で包み込むようにして少し温めます。使用する量は、商品に記載のある正しい量にしてください。刺激の面や節約から控えめにしてしまうと、摩擦で肌を傷めることにつながります。

温めたリムーバーを肌に均等に乗せ、手のひらで内側から外側へと全体に広げます。その後は指の腹でやさしく馴染ませていってください。くるくると円を描くように優しく丁寧に行いましょう。

目元や口元は特にデリケートですので優しく撫でてください。メイクが馴染んだら、最後にぬるま湯で洗い流します。熱めのお湯ではなくぬるま湯で行うことがポイントです。

洗い流す時もごしごし洗いはせず、指の腹で撫でるようにしましょう。洗い残しがないように繰り返しすすげば、クレンジング完了です。

しっかりメイクの方は、顔全体を洗う前に目元と口元だけ軽く落としておくのをおすすめします。リムーバーを染み込ませたコットンで目元を軽く押さえ、数秒馴染ませてから滑らせるように拭き取ります。

あとで顔全体を洗うので、完全に落とそうとせず擦らないように気を付けてください。毎日正しいクレンジングを行うだけでも肌への負担は変わってきます。ぜひ実践してみてください。

普段から敏感肌に悩む方も生理前だけ敏感になって辛い方も、クレンジングはほぼ毎日行います。

自分に合ったクレンジング選びやクレンジングの仕方をするだけで、肌への負担は変わってきます。ぜひ、正しい方法を実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です